Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

いよいよ明日!“レッドクリフ”が~!!

明日 11月1日から“レッドクリフ”がいよいよ公開になります

私はこの作品の日本語吹き替え版で、
トニー・レオンさんが演じる周瑜の妻・小喬の声をやらせていただきました
この映画・三国志の赤壁の戦いは、絶世の美女の小喬をめぐって起きた、
魏の曹操の軍と、蜀の劉備と呉の孫権の連合軍の戦いで、
小喬を演じているリー・チーリンさんは東洋の神秘的なはかない雰囲気の美しさの女性で、
声をアテながら見とれてしまうほどスタイルも抜群
男性では私は特に孔明を演じた金城武さんが理知的で、
常に冷静さを失わない役がピッタリで素敵だなぁと思いました

もし三国志の話を知らなくても(私もその一人でした…)、
この映画は十分理解出来て、楽しめますよ
何よりそのスケールの大きさに圧倒されます 制作費100億円の超大作ですから
ぜひぜひ劇場の大きなスクリーンで堪能して頂きたい映画です お勧めします

20081031203411.jpg
そしてそして…今日の画像は
美しさと可愛らしさを合わせ持つ
劇団昴の女優さん・日野由利加さんです
何故ならば、今日から新しい海外ドラマの
アテレコが始まりました

私が家でビデオチェックをしてた時、
その映像にビックリして目を見張ってしまった位、
とてもとてもセクシーなストーリー

今日は由利加さんの色っぽい演技に、
聞き惚れてしまいました
次回は私の“お当番”になるので
(自分が演じる役が中心に話が進む番)、
今日を参考にセクシー全開
頑張りたいと思いま~す

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッっとお願いします

Comment

point もちろん

もちろん吹き替え版を観させていただきます!実は四年くらい前に仕事でリン・チーリンさんにお会いしたことあるんですよ!透き通る様な白い肌とスラッとした長い脚が印象的でした~♪
いっぺんにファンになっちゃいましたよ!
なんだか最近、好きな女優さんの吹き替えを寛恵さんがアテているので、嬉しくなっちゃいますね。
知らない女優さんでも寛恵さんが声をアテてるとファンになっちゃいます。キルスティン・ダンストがそうでした!
電子辞書も赤で、レッドクリフも赤、アイアンマンも赤いし、寛恵さんのラッキーカラーはひょっとして「赤」!?

2008/11/01 (Sat) 09:04 | 親愛なる隣人りょうけん #- | URL | 編集 | 返信

point ★二人のローズ★

 日野さんと岡さんは、お二人とも「タイタニック」のケイト・ウインスレットのアテレコをお演りになってますよね。
 日野さんヴァージョンではレオナルド・ディカプリオ
の声は松田洋治さんでしたが、岡さんの時はどなた
でしたっけ?
 日野さんと湯屋敦子さん、そして岡さんは、声の世界で超売れっ子ですよね。
 

2008/11/01 (Sat) 14:59 | ヴェロニカ・ハメル #92eFZkuY | URL | 編集 | 返信

point ★親愛なる隣人りょうけんさんへ★

え~!リー・チーリンさんの実物に、お会いした事があるんですか!!

“レッドクリフ”はPart2で完結するのですが、
Part1のエンディングロールの後にPart2の予告があるんですよ。
予告を見ると、リー・チーリンさん演じる小喬は後編で大活躍するみたいですよ。
何せ小喬をめぐって戦いが起きたようなものなので。
アテレコをやらせて頂くのが、とっても楽しみです♪

あ!私、赤好きなんですよ(^o^)

2008/11/01 (Sat) 22:47 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point ★ヴェロニカ・ハメルさんへ★

私の時は、内田夕夜さんでした。
お互いのスケジュールが合わず、一人ずつのアテレコでしたが・・・(^^;

由利加さんとはたまにしかお仕事でご一緒にしないのですが、
優しいお姉様で大好きな方です♪
今度の海外ドラマで1ヶ月ちょっとご一緒なので、嬉しいです!

2008/11/01 (Sat) 22:56 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point ★透明人間とのラブシーン★

 一人ずつのアテレコって、一人芝居みたいで、演りにくそうで、難しそうですね。
 私は昴の女優さんでは、湯屋敦子さんと一番親しくさせて頂いてますが、日野さんとも、三百人劇場
のさよならパーティで、二言三言お話させて頂いた事があります。
 もし私がアテレコをやる女優さんだとしたら、セクシーなストーリーだけは、ひとりでアテたくありません(笑)。そばに男優さんがいてくれないと、気分がでませんわ(笑)。
 
 
 

2008/11/02 (Sun) 01:01 | ヴェロニカ・ハメル #92eFZkuY | URL | 編集 | 返信

point ★ヴェロニカ・ハメルさんへ★

ヴェロニカ・ハメルさんは“リトル・チルドレン”に結構なラブシーンがあったのを
覚えていらっしゃいますか?
桐本琢也さんと一緒に声をやらせて頂いたのですが、
あまりに原音の声がハードなので、合わせてやっていた私達は過呼吸になってしまい、
二人とも貧血みたいにクラクラしてしまったんですよ(^^;
体を動かさないで息だけ激しくやると、私は手先まで痺れてきちゃうことも度々です。
セクシーさとはほど遠いですねぇ・・・すみません!

2008/11/03 (Mon) 00:03 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point ★涙ぐましいお話ですねえ★

 「リトル・・」は、結構なラブシーンだらけの映画でしたから(笑)、たしかに過呼吸にもなるでしょうねえ。
 現場の雰囲気がリアルに伝わってくる、岡さんの文章を頭において、「リトル・・」日本語版を再見してみようと思います(笑)。面白さ倍増だと思います(笑)。                      ああいう、「スモール・タウン・マダム・ボヴァリー」(アメリカ人は不倫妻の事をこう表現するのです)な役どころ、岡さんにぴったりだと思いますねえ。
 

2008/11/03 (Mon) 09:38 | ヴェロニカ・ハメル #92eFZkuY | URL | 編集 | 返信

point ★ヴェロニカ・ハメルさんへ★

一つ利口になりました(^o^)
でも長くて・・・ずっと覚えてられなさそうです(^^;

ラブシーンの息だけでなく、叫びが続くとこれもまたクラクラして倒れそうになります。
韓国のリメイク版の“黒い家”で殺人鬼をやった時は、
本当に目の前が真っ暗になってしまいました(*o*;

2008/11/04 (Tue) 00:07 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)