Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

憧れのトルコ旅行記~その5~

カッパドキア トルコで私が1番訪れたかった所
アナトリア高原の中央部の大奇岩地帯、世界遺産です
数億年前の火山の噴火によって積み重なった地層が、長い間の侵食によって
固い部分だけが残り、不思議な形の岩になりました

2009_0114heebow0184_convert_20090121230007_convert_20090122005856.jpg

2009_0114heebow0190_convert_20090121230206.jpg 2009_0114heebow0194_convert_20090121230420.jpg



2009_0114heebow0196_convert_20090121230619.jpgこちらはカイマルク地下都市。

深さ55m、地下8階で、
9~10世紀に掘られたもの。

中は蟻の巣のようで、
教会、台所、寝室、家畜小屋などが
狭いトンネルや階段で繋がっていて、
大規模な共同生活が営まれ、
2万人が暮らしていました。

地表に抜けている内部の通気孔は
各部屋に繋がっています。

通路は屈まなければならない所が
多かったです。

アラブ人から逃れたキリスト教徒達が
住んでいたという説が・・・

下・左の画像は回転扉で、
敵が来た時にこれを転がして
通路を塞ぎました。

下・右は台所です。

2009_0114heebow0198_convert_20090121224208.jpg 2009_0114heebow0200_convert_20090121230835.jpg

2009_0114heebow0199_convert_20090121224437.jpg
現地ガイドさんが、
トンネルの中で説明のために
ツアーの皆さんの集合を
待ってる時に撮って下さった、
何か不思議なアングルのショット


・・・オバケではありません
私です





2009_0114heebow0179_convert_20090121225810.jpgこの日は絨毯屋さんにも案内されました

全然興味がなかったのに、
お店の人が日本語ペラペラで、
どんなにトルコ絨毯がいいか、
デモンストレーションしながら
説明されたら、
すっかり欲しい気分になって
しまいました

でもとにかく高~い
最低でも何十万円で、上はきりがない感じ。
玄孫の代までもちますと、
流暢な日本語で仰ってました。

玄関マット位の大きさなら・・・なんて見てたら、
店員さんの押しが強くなってきて、
怖くなってドン引きしてしまいました

素晴らしいセールストークで、
要らない物を危うく
買ってしまうところでした
2009_0114heebow0177_convert_20090121225400.jpg 2009_0114heebow0178_convert_20090121225549.jpg



2009_0114heebow0206_convert_20090121231115.jpgそして・・・この日の
洞窟ホテル

カッパドキアでこの
泊まれるツアーを探したんです

部屋は勿論、岩をくり貫いたもの。
触ると白く付くほどの、
柔らかい岩です。

趣はありますが、
部屋はちょっと狭目かな


でも楽しみにしていたカッパドキア


セマーショーも見に行きました

イスラム神秘主義のメヴレヴィ教団の
祈りのダンスで、
スカートをはいた信者が
音楽に合わせてくるくる回転します。
これは宇宙を意味するそうです。





この動画は観客の撮影の為にショーの終了後、行われたダンスです。
実際のショーでは6人の踊り手、4人の演奏者がいて、
とても厳かで神聖な儀式で、私語・撮影は禁止でした。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッしてくださいね♪

Comment

point

いやはや、最早芸術ですね…この光景は。
別世界にいるような感じです。

絨毯はいかにもお値段張りそう。
バブルの頃の高級車の床マットに、こういう仕様の絨緞がオプションでありました。
(値段が8万円位したかな?20年前に。)

2009/01/22 (Thu) 01:54 | 銀河グレー #- | URL | 編集 | 返信

point ★銀河グレーさんへ★

ホント、日本と同じ地球のの上の景色じゃないみたいですよね!
このツアーは駆け足状態の旅行でしたので・・・・カッパドキアはもっとゆっくり楽しみたかったです。

トルコ絨毯は玄関マットほどの敷物で、銀河グレーさんのおっしゃる床マットと同じ位の価格で
したよ(^^;
トルコの物価は日本と比べてとても安かったので、絨毯は観光客向け価格なんでしょうね。
スーパーと違ってお土産屋さんの商品は、ほとんど日本と変わらない感じでしたから。

2009/01/22 (Thu) 20:54 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/22 (Thu) 22:40 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)