Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのトルコ旅行記~その9~

トルコでの最終日の午前中にちょっとだけ自由行動の時間があったので、
ツアーじゃない旅行気分を味わおうと、一人でトラム(路面電車)に乗って、
ホテルからで20分ほど離れた地下宮殿まで行ってみることにしました

まず乗車券売り場(右下の画像)で、ジェトンというメダルを買って改札機を通ります。
料金は一律で1.4リラ、私が行った時は1リラが65円だったので、91円かな・・・安い
朝の通勤ラッシュ時間だったので大混雑でした~
でも乗るトラムも降りる駅も現地の人達に教えてもらったので、
迷うことなく地下宮殿に辿り着けました~ 合格~
2009_0114heebow0481_convert_20090127115402.jpg 2009_0114heebow0482_convert_20090127115533.jpg

2009_0114heebow0465_convert_20090127114704.jpg入り口はとても地味で何でもなので、
注意してないと通り過ぎそうな位

しかし
地下に降りていくと・・・幻想的な世界が
ここは地下宮殿と呼ばれていますが、
ユスチニアヌス帝によって
527年~565年かけて
造られた貯水池です
高さ9m、長さ143m、幅65mで、
336本の大理石柱があります。

1985年の修復時に、2本の柱の土台に
使われていたメデゥーサの頭が
泥の中から発見されました
どこから運ばれたかは不明で、
魔除けという説や単に据わりがよかったと
いう説に分かれているそうです

開館したばかりの時間でしたので、
人が数人でゆっくり観光できました
親切な一人旅の茨城の青年に偶然
出会い、をお願いしちゃいました

2009_0114heebow0469_convert_20090129204747.jpg2009_0114heebow0470_convert_20090127115206.jpg

2009_0114heebow0474_convert_20090129121444.jpg
これは願いを叶えてくれるという柱

画像では分かり難いですが・・・

柱に親指が入る位の窪みがあり、
そこに親指を入れて
手の平を柱に当てて、
親指を中心に1周させます

勿論、私は出来ましたよ~
まだ願い事は叶っていませんが・・・


この後はまたツアーの皆さんと観光へ
トルコの銀座のような古くからの繁華街・イスティクラル通り(左下)の散策タイムでは、
全く買い物する気はなかったのに、たまたま素敵でリーズナブルなお店を見つけてしまい、
イズミック・タイルっぽい柄とペイスリー柄のワンピース、シャツを購入
この旅行中、遺跡に夢中で自分の物を買うのをすっかり忘れてました・・・
でもいいのが見つかってよかった トルコっぽい柄がとっても気に入りました
でもトルコでの私の服のサイズが、XSなのにはビックリ

右下の画像は、観光中にちょっとティータイム
トルコの人達はチャイ(紅茶)を沢山飲みます
こちらでは真ん中が窪んでいるグラスで頂くんですよねぇ
2009_0114heebow0489_convert_20090128220203.jpg 2009_0114heebow0495_convert_20090128220540.jpg

2009_0114heebow0385_convert_20090128222146.jpg高所恐怖症の私が次に挑戦した
眺めのいい所は、ガラタ塔
画像では小さいですが・・・
トンガリ帽子の高い塔です

新市街のランドマークで高さ67m。
6世紀始め灯台として利用されてた物が
その後監視塔、牢獄、天文台などとして
利用されました。

最上階のテラスは人がすれ違える位の
幅しかありません・・・
なので私は笑っていますが、
腰は引けてます
だって細くて心もとない手すりがあるだけで、床は外側に傾いでるんですよ
でも行かないで後悔したくないので、登ってきました
確かにイスタンブールの町を360度見渡せて、最高の眺めでした
2009_0114heebow0493_convert_20090128220344.jpg

そして次に行ったのは・・・これがアヤソフィア ビザンチン建築の最高傑作と言われています
2009_0114heebow0462_convert_20090127114512.jpg

360年にローマ帝国のコンスタンチヌス2世が聖堂を建てましたが、404年に焼失。
現在残っている大聖堂は537年に完成し、ギリシャ正教の大本山だったそうです。
1453年にコンスタンティノープルが陥落して、聖堂がジャーミィに変えられて
壁のモザイク画も塗り潰されましたが、1931年にアメリカ人の調査隊によって
発見されたそうです

2009_0114heebow0497_convert_20090128221254.jpg 2009_0114heebow0500_convert_20090128221120.jpg

ドーム(右)は高さ56m、直径31mもありますが、この時は修復中でした
2009_0114heebow0496_convert_20090128221627.jpg 2009_0114heebow0499_convert_20090128221447.jpg

これは「聖母マリアの手形」と言われている柱です
地下宮殿の柱のように窪みに親指を入れて、あとの4本の指先を柱につけたまま1周出来たら、
願いが叶うとそうです。空いてたので、見知らぬ中国人の方の声援を受けながら、
2回チャレンジしてしまいました
2009_0114heebow0501_convert_20090128220743.jpg 2009_0114heebow0502_convert_20090128220941.jpg


2009_0114heebow0514_convert_20090128221819.jpgこのあとトルコでの最後の
ディナーを頂いてから、
ドンドルマのパフォーマンスを
見てきました
これ、アイスクリームですよ
とっても粘り気があって、伸びます
味は甘すぎなくて、
ネットリした感じが美味しかったぁ

総じて、トルコの食事は日本人の口に
合う物が多かったと思いました
特に魚料理は癖がなくて、
食べやすかったです
でも肉は・・・羊は店によって
結構臭かったなぁと
あとデザートはホントに激甘ばかり
甘い物好きな私が思う位です
ケーキや饅頭が蜜付けだったり

でも今はどれも素敵な思い出
トルコは美しくて、
素晴らしい国でした

異文化に触れるのって、
刺激がいっぱいで最高でした


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログランキングにご協力を

Comment

point

一番上の路面電車、これに似てるなぁ…
http://www.hiroden.co.jp/train/sharyo/gm5000.htm

それにしても、何を見てもスケールが桁違いの国ですね。
こういった建造物が残っているのはすごいなぁと思いましたね。。。

2009/01/29 (Thu) 23:18 | 銀河グレー #- | URL | 編集 | 返信

point ★銀河グレーさんへ★

観光なので、すごいところばかりを見にいったんだとは思いますが、
それにしてもスケールの大きさと、長い歴史を感じる国でした。

この旅行で沢山刺激を受け、毎日とっても充実して楽しかったので、
銀河グレーさんがトルコ旅行記に毎回感想を寄せて下さって、嬉しかったです♪

2009/01/30 (Fri) 22:52 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point

まとめてのコメントですみません

全部楽しく読ませていただきました
寛恵さんの詳細な説明と画像付きの旅行記、ガイドさんと旅行してるような感じです

本当に充実していたトルコだったんだなぁと伝わってきます。
最終日にトラムに乗って…って、行動派ですねぇ~
ま、行動派だから海外旅行も行けるんでしょうけど
茨城から来た青年と記念に1枚撮ったりは?


トルコって、時間がゆっくり流れてるようなイメージを受けました。


何年も先の話ですが、子育てが一段落したら、年1回とかで海外旅行行きたいなぁ

2009/01/31 (Sat) 23:00 | はるはる #9KkqNJrc | URL | 編集 | 返信

point ★はるはるさんへ★

お忙しいのに、コメントありがとうございます♪
お子さんはスクスク成長なさってますか?
子供さんの成長はホント早いんでしょうね!
・・・でもまだ生後1ヶ月経ってないんでしたね・・・そんなには変化はないですか(^^;

茨城の青年との2ショットは・・・それを撮ってくれる人がいなかったのでありません(^^;
地下宮殿でほんの数分話しただけですし。
旅先だと何故か日本人というだけで親しみを感じて、結構喋っちゃいましたねぇ。

今は子供連れの方にはグアムって楽しいみたいですね!色々アクティビティがあって。
数年経って連れて行ってあげたら、お子さんきっと喜ばれるかもしれませんね♪

2009/02/01 (Sun) 01:04 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point 飛んでイスタンブールー♪

 トルコ旅行、すごいですね!!
壮大な景観、建築物に圧倒されました!

僕もトルコに旅行してみたくなりました~。
でもトルコの言葉も、トラベル英語もしゃべれないから怖い・・・。
海外旅行は大好きであちこち出掛けるのですが、何故か
英語は全然上達しませんねー^^;

けっこう、デタラメな英語でも現地の人となんとなく意思疎通
できちゃうのがいけないのですが。
味を占めて、デタラメ英語で約10ヶ国くらい旅してきましたよw
そして、ことごとく迷子になって現地の人に助けてもらいました^^;

日本人って外国の人見ると逃げちゃうけど、現地の人はちゃんと
足を止めて聞いてくれようとするから、そのことだけでも感激と
感謝です^^
これからもどんどん海外行くぞー!!

2009/09/08 (Tue) 16:29 | かめきち #.zLyGMJk | URL | 編集 | 返信

point ★かめきちさんへ★

私は女なので治安を考えたり、限られた短い日数でアチコチ見て回りたいと思うと、
やっぱりツアー参加になってしまいます。
なので、あまり現地の人達と話す機会はなかったです(^^;

でもかめきちさんのように自分の足で迷いながらも旅行すると、
思い出も格別なモノになるでんしょうね、きっと♪

今年は年末にまた海外に行けたらなぁ・・・と思って、
今行く国を検討中です(^o^)

2009/09/10 (Thu) 23:19 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

point 写真の力^^

 今回のトルコ紀行録を見させていただいている中で
写真と文章の組み合わせがとても絶妙なのに感心致
しました!^^

きっと、寛恵さんすごくマメに写真を撮ってらしたので
しょうね。
僕は面倒くさがり屋なのとセンスが無いのとで、
旅行に行ってもほとんど写真は撮りません^^;
でもこうしてトルコの写真を見てみると、言葉では伝え
切れない迫力というかメッセージ性というか、うーん、
言葉が下手ですみませんが、^^;なんかこう圧倒させ
られるものをひしひしと感じます。

写真ってすごいなあ・・・って、今すごく思っています。
僕も携帯の写真くらい、上手く写せるようになりたいな・・・^^;
 寛恵さん、これからも素敵な写真見させて下さいね!

2009/09/11 (Fri) 10:50 | かめきち #.zLyGMJk | URL | 編集 | 返信

point ★かめきちさんへ★

こんなに写真を撮ったのは、トルコ旅行が初めてでした♪
誰かにお膳立てしてもらったのではなく、
自分がずっと行きたいと思っていた国だったからでしょうね。

今は年末年始の旅行の国を検討中なんですが・・・悩む~(^^;
エジプトのピラミッドにも行ってみたいし、
ペルーのマチュピチュ遺跡やナスカの地上絵も見てみた~い!

行かれた事はありますか?
きっと壮大で、すてきなんだろうなぁ。

2009/09/13 (Sun) 21:02 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。