Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“語り”の稽古してきました(^o^)

11月15日(日)にやる“双子の星”の語りを、
オーケストラの方々と合わせる練習をしてきました

指揮者の本名徹次さんや演奏家の方々にお会いしたのは初めてで、
交響曲の全貌が聴けたのも今日が初めて

1957年にラジオで短くしたバージョンの曲で演奏されたのが初演で、
その時は中村メイコさんが語りをなさっていました

その後所在不明となっていてた楽譜が見つかって、
今回の演奏が実現できることになったそうです。
なので、舞台では今回が初演となります

全15楽章からなっていて、語りが入る部分が指定されているのですが、
オーケストラの楽譜・・・私には読めないです
分かりやすいキッカケの箇所もあるけれど、曲が45分あって長いので・・・

でも頑張る 
私はぶきっちょだけど、神様がその代わりにかなりの根性下さったから

だって今日初めて1回合わせて頂いただけだけど、
童話の語りと音楽の融合はとても幻想的で、
完成したらホントに素敵な交響曲になるに違いないもの


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッして下さいね

Comment

point 朗読 with 交響曲

 今回はただの朗読では無く、交響曲と一体化しなければならないので、大変そうですね…岡さんと音楽といえば、文学座さんの「毒の香り」を思い出しました。あの中で“カルメン”を歌った時とは、当然違いますよね…ちなみに僕も、「双子の星」を大急ぎで読んでいるところです(*^_^*)…

2009/11/04 (Wed) 04:58 | ひろし・カーミット #v1ICFL3Y | URL | 編集 | 返信

point ★ひろし・カーミットさんへ★

「毒の香り」の「カルメン」を始め、「華岡青洲の妻」の「根来の子守唄」、
「偶然の音楽」での聖歌など、劇中で歌うことは度々ありましたね~♪
朗読は初めてですが、オーケストラと一緒に素敵な朗読をしたいなと思います!

2009/11/04 (Wed) 21:48 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。