Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

“双子の星”の語りが・・・(^^)v

なかなか書けずにすみません

“善徳女王”のDVDが遂にレンタル開始になりましたね
アテレコの方もDVDのリリースに合わせて、急ピッチで進んでいます

同じ韓国時代劇でも、“イ・サン”の方は私の出番がカウントダウン状態・・・
40数話もやってくると、終わるのが寂しいなぁ


ところで
昨年11月に私が語りで参加した“双子の星”が収録された
オーケストラ・ニッポニカのCDが、3月25日に発売になるそうです

双子の星CD

~曲紹介の抜粋です~ 
「宮澤賢治の作品を原作に、芥川也寸志が曲をつけた「双子の星」は、
子供のための美しくあたたかなシンフォニー。
当時(1957年)、文化放送のために書かれ、渡邉暁雄指揮日本フィル、
中村メイコ(語り)で放送されました。
児童合唱と語りによって物語が進められ、
宮澤賢治作曲の「星めぐりの歌」が全編登場するファンタジーに満ちた曲で、
芥川の才能あふれる技法が満ちています。」

因みに私もまだ聴いていません
自分のやった作品って、聴きたいような・・・ちょっと怖~いような


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッして下さいね

Comment

point No title

 25日発売ですね。絶対買います。あれは堪能しましたからねえ。
 2週間弱の日程でロンドン、スコットランド、パリを旅し、今日帰国しました。
 コンパクトDVDプレイヤーと様々な洋画DVDを持参し、夜はホテルで映画三昧でしたが、いやー、「チェンジリング」の湯屋敦子さん(アンジェリーナ・ジョリーの吹き替え)、「ダウト」の弥永和子さん(メリル・ストリーブの吹き替え)、そして「愛を読む人」の岡さんのケイト・ウインスレットのアテレコのうまさには圧倒されましたねえ。
 十代の男の子に「綺麗だ」と言われて、「生意気言ってんじゃないの、坊や」と言うところ、大人の女の貫録たっぷりの、色っぽい台詞廻しが素敵でしたね。
 中盤、法廷で検事に厳しく詰問されながら証言するところも、追い詰められていく心理の表現が見事で、聴きほれました。
 後半、老いていくシーンの、さりげない年齢表現もさすがでしたね。
 岡さんのアテレコの、代表作の一つですね。もしかしたら最高傑作かも。酔わされました。そのうち舞台でも、こういう役を演じて頂きたいで
す。
 でも、お芝居とは言え、あの名優レイフ・ファインズを「坊や」よばわり
するのは、最高に気持ちよかったんじゃないですか(笑)。
 

2010/03/17 (Wed) 02:05 | ヴェロニカ・ハメル #P/yuRyQg | URL | 編集 | 返信

point ★ヴェロニカ・ハメルさんへ★

海外旅行i-197 いいですね~i-175
2週間近くも旅行なさったら、すっかりリフレッシュできましたでしょi-237
私もまとまったお休みが出来たらすぐにでもエジプトか、
マチュピチュか、アンコールワットに行ってみたいんですi-37
暫くは無理かなぁ・・・近場のアジアしか・・・i-229

吹き替え版に詳しいヴェロニカ・ハメルさんに褒めて頂けると、
本当に嬉しいですi-189
これからもっといい吹き替え版作りに貢献出来るように頑張って、
ヴェロニカ・ハメルさんに楽しんで見て頂きたいですi-77

2010/03/18 (Thu) 23:31 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)