Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア旅行記 ~その2~

ホテルの前の景色です のどかでしょう
2010_0710heebow0075.jpg

でも国道に出ると、ずっと賑やかなんですよ
移動中の車内からの眺めです



昼休憩の後は、いよいよ待ちに待った“アンコールワット”へ
圧倒されるスケールの大きさです
2010_0710heebow0094.jpg
スールヤヴァルマン二世が12世紀前半に建立された寺院です。


正面が修復のためのシートで覆われてる部分があって残念だったのですが、
ガイドさんがシートが写らないショットが撮れる所で撮ってくれました
木で隠すとは・・・アイデアですね
ナーガと一緒ですよ~
2010_0710heebow0092.jpg

ヒンドゥー教のヴィシュヌ神です
太陽の光輝く状態を神格化した神様だそうです
2010_0710heebow0085.jpg

アンコールワットの中心にはこのような沐浴の為の池が4つあります。
今はもう水がありませんね。
2010_0710heebow0105.jpg


高い中央塔のある中央祠堂へ登れるんですよ
格子ごしの窓からの眺めは素敵でしょう
2010_0710heebow0108.jpg


塔の先端はこんな風になってるんですね
2010_0710heebow0109.jpg

アンコールワットにも沢山のデバターの姿が
2010_0710heebow0084.jpg

回廊も神秘的な雰囲気です。
2010_0710heebow0114.jpg

アンコールワットの第一回廊という所には、
このようなレリーフが絵巻物のようにずっと彫られています。
これは聖鳥に乗るブラフマー神。
2010_0710heebow0098.jpg

こちらはガルーダに乗るヴィシュヌ神。
2010_0710heebow0100.jpg

アンコールワットは見所があり過ぎてきりがないので・・・ここまでです

この後はこれまた私がかなり楽しみにしていた、
プノン・バケンからのサンセットです
高さ60mの丘陵を登っていくと、見晴らしのいい遺跡に辿りつきます。
遠くにアンコールワットが見えますね
2010_0710heebow0127.jpg

アンコール遺跡の中で、最も高い所にある主祠堂だそうです。
2010_0710heebow0129.jpg

夕日を見に沢山の人達が集まってきていました。
雨季だからサンセットが見られるか心配だったのですが・・・
2010_0710heebow0132.jpg
も~う最高のサンセットが見られました


そして この日の締めは アプサラダンス
9世紀頃に生まれた宮廷舞踊です。
2010_0710heebow01390.jpg

美しい踊り子さん達が華やかな衣装に身を包んで舞います
2010_0710heebow01470.jpg

・・・と言っても分かりにくいですよね
ではこちらをご覧下さい



最後は踊り子さん達と記念撮影
2010_0710heebow01510.jpg

観光テンコ盛りでちょっと疲れたけれど、
充実度100%の1日でした


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッとお願いします


Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。