Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記・その3 ~ピサ~

ポンタシエーべは宿泊の為だけに滞在した街なので、
今日はピサ観光からスタートです

斜塔がある敷地への門をくぐると、素晴らしい眺めが飛び込んできました2011_1113italy0204_convert_20111120233625.jpg


めっちゃ傾いてるぅ~ 大興奮でした
皆やるお約束の“ピサの斜塔を支えるポーズ”にチャレンジ
2011_1113italy0213_convert_20111120233657.jpg

1173年に着工されて、3階を工事している時に地盤沈下で傾き始め、
中心をずらしながら完成させましたが、今でも傾き続けています
斜塔は高さは北側で55.22m、南側で54.52mだそうです
ガリレオ・ガリレイが「物体が落下する時間と、その物体の質量は無関係」なことを
証明する実験をしたとされています


1068年から50年かけて建てられたドゥオーモです
ピサ・ロマネスク様式の代表建築だそう
2011_1113italy0228_convert_20111121002300.jpg


現在入り口として使われている扉“ボナンノ・ピサーノ”は、
イタリア・ロマネスク彫刻の代表作だそうですよ
2011_1113italy0210_convert_20111122234500.jpg



入り口と反対側にある青銅扉には“マリアの生涯”が描かれていて、
その中にいる“キリスト(赤ちゃん)”“カエル”“犬”“トカゲ”に触ると、
願いが叶うそうですよ
2011_1113italy0224_convert_20111123101444.jpg


キリストは“子宝”、カエルは“金運”(確か・・・)、犬は“健康”(これも多分)、
トカゲは“結婚”だったかなぁ
2011_1113italy0225_convert_20111123102913.jpg


一応全部撫でてみました この時触っていたのはカエルです
皆が撫でるので、それらだけピカピカしてます
2011_1113italy0223_convert_20111122235601.jpg



ドゥオーモの中も美しいです ピサの現地ガイドさんと
イタリアでは一人の現地ガイドさんが旅行中ずっと案内して下さるのではなく、
観光地ごとに現地ガイドさんが変わるんです
2011_1113italy0222_convert_20111121001614.jpg


中には美しいジョヴァンニ・ピサーノの説教台があります
中央の彫刻は“信仰・希望・慈愛”を表しているそうです
2011_1113italy0221_convert_20111120233825.jpg


12世紀から数百年かけて建てられた洗礼堂
中の音響効果が素晴らしいそうです
2011_1113italy0226_convert_20111120233911.jpg


ピサの観光は半日で終わり 
斜塔は思った以上の大迫力の傾きで、大満足のピサでした


午後からはフィレンツェに移動 街の観光の前にパノラマポイントで
左にはフィレンツェ最古の橋・ヴェッキオ橋、右にはドゥオモが見えます
2011_1113italy0241_convert_20111120234025.jpg


私の頭の中には葉加瀬太郎さんの“冷静と情熱のあいだ”の切ない調べが流れ出して、
期待は高まり最高潮へ


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログランキングにご協力を

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。