Heebow's Blog

文学座の俳優、岡寛恵です。 洋画や、海外ドラマの声優としても活動中です (*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記・その7 ~ミラノ~

観光最終日の午後は、ミラノの観光です
ヴェローナから移動して、昼食後に先ず向かったのは
“サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会”です
2011_1113italy0480_convert_20111123155241.jpg


目的は今回の旅行の目玉である“最後の晩餐”鑑賞です
入り口はここ 事前に予約をして、1回に25人、15分の見学になります
2011_1113italy0481_convert_20111123155317.jpg


“最後の晩餐”は1495年にレオナルド・ダ・ヴィンチが43歳の時に描き始め、
3年後に完成したそうです。
フレスコ画ではなく、油絵具とテンペラを混ぜて描かれている為、
痛みがかなり激しかったものを、20年かけて洗浄修復(色を足したりしない)し、
1995年に終わったそうです
入り口を入って進むと、通路の奥と手前にガラスの扉が2箇所あって、
小部屋みたいになってます。見学者全員が入りきるまで奥の扉は開きません。
全員入って手前の扉が閉まると、やっと奥の扉が開きます。
絵が痛みやすいので、外気に直接触れないようにしているんです
中は勿論カメラは駄目です この絵は絵のある部屋を出た所にあった写真
2011_1113italy0474_convert_20111123155203.jpg

すごく間近で見たんですが、写真と同じようにかなり薄かったです。
15分間、離れて見たり、すっごく寄って見たり、左右から見比べたり、
ダ・ヴィンチの最高傑作を堪能出来ましたよ


イタリアの町並みはどこも古い、趣のある建物ばかりで素敵です
でも落書きと路上駐車が半端じゃないです
イタリアは自動車を購入する時に、車庫証明が必要ないんですって
2011_1113italy0484_convert_20111123190357.jpg


イタリアでは路上駐車は合法です
古い建物は壊せないので、地下に駐車場を造ろうとすると、
すぐに遺跡が出てきて工事が進められないそうです。
2011_1113italy0486_convert_20111123155428.jpg


これはオペラの殿堂“スカラ座”です。
1778年に建てられましたが、1943年に空襲で消失、1946年に再建されました。
2011_1113italy0499_convert_20111123155507.jpg


スカラ座の道を挟んだ正面には、レオナルド・ダ・ヴィンチ像。
足元にかかれているのは彼の業績だそうです。
2011_1113italy0502_convert_20111123155545.jpg


“ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア”と言う、
全長200mのアーケードです。
2011_1113italy0532_convert_20111123160241.jpg


このアーケードに入っていって、中央の十字路に立って天井を見上げると、
四大陸を象徴的に描いたフレスコ画があります。
こちらはアメリカ。
2011_1113italy0505_convert_20111123155624.jpg


アフリカのフレスコ画。
2011_1113italy0506_convert_20111123155702.jpg


これはアジアです。
2011_1113italy0507_convert_20111123155736.jpg


ヨーロッパだけ色が違いますね。
2011_1113italy0508_convert_20111123155808.jpg


フレスコ画がある中央の十字路の一角には、人だかりが
あるモザイク画の上で、皆クルクル回っています。
私も勿論やってみました
2011_1113italy0511_convert_20111123155847.jpg


それは“幸福の牛”のモザイク画で、牛の局部に踵をつけたまま1周すると、
願い事が叶うそうですよ~
2011_1113italy0541_convert_20111123160427.jpg


そして、これが“ドゥオーモ”です
1386年に建築が始まり、500年以上の歳月をかけて完成しました
2011_1113italy0512_convert_20111123155931.jpg


中央にある主祭壇です。
2011_1113italy0527_convert_20111123200845.jpg


左の翼廊の礼拝堂です。
2011_1113italy0528_convert_20111123160043.jpg


ライトを点けて、プロのカメラマンが脚立に立って撮影していたので、
紛れて撮影してみました
1562年にマルコ・ダクラーテが作った“聖バルトロマイ像”でした。
殉職の時に生皮を剥がされ、その皮を体に巻きつけている姿です。
2011_1113italy0530_convert_20111123160143.jpg


ローマで見たミケランジェロのフレスコ画“最後の審判”の中には、
生皮を手にした聖バルトロマイも描かれているのですが、
それはミケランジェロが自分自身の姿として描いたそうです。
last-judgement.jpg



夜になるとドゥオーモはライトアップされて、とても幻想的です
2011_1113italy0538_convert_20111123160319.jpg


この後はイタリア最後のショッピングをして、観光終了でした
今回の学習は・・・もっと余裕のあるスケジュールを選ぶこと
時間が足りなくて、入場見学が出来ない所が多かったので

でも雨期なのに雨は半日だけだったし、
観光客が多過ぎることもなかったので、忙しい中でもよく見学出来たし、
ご飯も口に合いましたよ この旅で印象に残った食事です

サフランのリゾット、粉チーズをかけるとホント美味しかったです
2011_1113italy0468_convert_20111123204831.jpg


ミラノ風のカツレツ レモンをかけてさっぱりと戴きます
2011_1113italy0469_convert_20111123205028.jpg


イカ墨のパスタは日本で食べて好きじゃなかったけれど、
本場で食べたらイカ墨は味に深みが出て、かなりイケました
2011_1113italy0312_convert_20111123204735.jpg


ピザは期待を裏切りませんね、やっぱり これ1人前です
2011_1113italy0191_convert_20111123204617.jpg


タルトューフォは黒トリュフという意味のドルチェ
ココアパウダーの中はアイスクリームとチョコ 甘~い
2011_1113italy0102_convert_20111123205111.jpg

そうそう、ワインも美味しかったですよ
旅行の時はいつもあまりアルコールは飲まないのですが、
イタリアに来たらのだから・・・ということで、ランチでも戴いちゃってました



寛恵のイタリア旅行記、いかがでしたか~
初めてのイタリアは美しい、心ときめく国でした
またイタリアに行くことがあれば、今度は南イタリアを旅してみたいなぁ


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ポチッとお願いしますね

Comment

point 御礼

今晩は。旅行記、コンパクトな解説と素敵なお写真の連続でとても
わかりやすく楽しめました。
そして何よりも寛恵さんの一生懸命さが伝わってきて、ハッピーな
気持ちで一杯です。
11年と言う時空を超えて同じイノシシのお鼻にさわれたことも
上手く表現できないですがとても光栄に思っています。
今迄行かれた国も含めてガイドブック出されたら結構売れると
思いますよ。
「岡寛恵の楽しい旅」(仮称)
その時は必ず買いますね。
サインもらおうかな?(笑)
楽しい旅行記ありがとうございました。
最後になりましたが公演のご準備が順調に進まれることお祈りして
おります。風邪等ひかれませぬ様に。

2011/11/30 (Wed) 00:26 | ビジターマン #- | URL | 編集 | 返信

point No title

私のガイドブック賛成です。これからも色々な所いらしてくださいね!

2011/12/03 (Sat) 10:26 | Simon #- | URL | 編集 | 返信

point 寛恵です♪

★ビジターマンさんへ★
“御礼”だなんて、こちらこそ読んで下さって嬉しいです。
役者と声優以外でやりたいことがあるとしたら、
海外のことを取材して執筆したり、リポートしたり・・・みたいなことには憧れますi-228
今の仕事をしていなかったら、絶対目指していたと思いますi-189
でも器用じゃないから、いくつも仕事が出来ないんですよねi-229
何でも、じっくり丁寧にやることには自信があるのですがi-6

なので来年前半は芝居に専念することになると思いますi-230
アチコチ行くので、ちゃんと旅先からその土地のことをブログに書きますねi-236



★Simonさんへ★
海外出張、お疲れ様でしたi-199
日本は楽しかったですか~i-198

2011/12/05 (Mon) 21:53 | 寛恵 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。